お金を借りるときに収入証明書不要になるのはどこ?収入証明書は無くても大丈夫なの?

お金を借りるときに収入証明書不要になるのはどこ?収入証明書は無くても大丈夫なの?

収入証明書不要でもお金を借りることはできる?

お金を借りるときには、一般的には収入証明書が必要です。なぜなら、金融機関にとっては顧客の返済能力を見極めてからお金を貸すようにするからです。

そのために必要なのが顧客が提出する収入証明書というわけです。

収入証明書を見ればどのくらいの年収を顧客が得ているのかがわかりますので、どのくらいのまでなら貸すことができるのかの判断ができるというわけです。

なので、あなたがもしもお金を借りるのであれば、事前に収入証明書を用意しておく必要があります。

収入証明書は、納税証明書や給与明細で大丈夫です。

収入証明書が無い場合はどうするの?

しかし、専業主婦や学生の場合であれば、そもそも収入証明書が自体用意できないことがあります。そのようなときにはどうすればいいのでしょうか。

実は、一定の金額までは収入証明書不要でお金を借りることができるのです。

金融機関によってその基準にはばらつきがあるのですが、だいたい30万円~50万円くらいまでなら大丈夫です。

そのくらいの金額なら、顧客情報を元に金融機関が判断してお金を貸すことがありますので、収入証明書が用意できないとしても問題ありません。

もっと大きな金額を借りたいときはどうする?

ただ、例えば200万円や300万円などの大きな金額を借りたい場合では、やはり収入証明書不要というわけにはいかないのでしょうか。

実はそのようなときでも、金融機関によっては不要になるケースもあるのです。

そもそも収入証明書が必要になるのは、ほとんどの場合が消費者金融です。

銀行の場合は逆に収入証明書不要になるケースが多く、例えばオリックス銀行であれば200万円までなら収入証明書不要でお金を借りることができます。

収入証明書不要で多くのお金を借りたいのであれば、消費者金融よりも銀行の方を利用するといいでしょう。

銀行系キャッシングの方が便利

このように、銀行の場合であれば消費者金融よりも収入証明書不要になる許容範囲が広いことがあります。

これは総量規制が関係しているからです。総量規制というのは、年収の3分の1までしかお金を借りることができない制度でして、消費者金融に適用される制度です。

銀行には適用されませんので、年収に関係なく多くのお金を借りることができますし、今回のように収入証明書不要になるケースも多いのです。

銀行は金利も低いですし、収入証明書も不要になることが多いので、ぜひ積極的に利用したい金融機関ではあります。