【注目】お金を借りるときの4つの審査項目とは?あなたが審査に落ちた原因はこれだ!

【注目】お金を借りるときの4つの審査項目とは?あなたが審査に落ちた原因はこれだ!

お金を借りるには審査が必要!

いくら金融機関がお金を貸すところだといっても、無制限にお金を貸すわけではありません。きちんとした審査があり、審査をクリアした人でないと貸すことができません。

なので、まずは審査に通るようにする必要があります。

では、どうすれば審査に通ることができるのかといいますと、まずは定収入を確保することです。基本的に無職の人はキャッシングすることはできません。

専業主婦の場合は別で、配偶者に定収入があれば問題ありませんが、独身で無職だとまず借り入れすることはできないというのが現実です。

過去に金融事故を起こしたことがあるとNG

また、定収入があったとしても、過去に自己破産歴があるなど、金融事故を起こしたことがある人はNGです。自己破産でないとしても、任意整理レベルでもだめです。

そのような法的手続きを行った人というのは、いわゆるブラックリスト入りすることになるので、お金を借りることができなくなります。

金融事故の情報は5年から10年は保存されますので、最低でも5年はクレジットカードすら作ることができなくなります。その点は気をつけるようにしてください。

お金を借りるなら、10年ほど経過してから借りた方がいいでしょう。

公共料金の支払いを滞納しているのもNG

金融機関の審査においては、やはりお金に対してだらしない人は審査で落とす傾向があります。

そのため、キャッシングの金融事故だけに限らず、携帯料金や公共料金の支払いでも滞納歴がある人は審査に通ることが難しいです。

携帯電話をローンで購入した人は、滞納するとその滞納歴が信用情報機関にしっかりと登録されてしまうので、全く関係ないように思えるキャッシングの審査にも影響するというわけです。

なので、普段からお金に対してはシビアに考えるようにして、決して滞納することのないようにしましょう。

最近キャッシング歴がある場合も要注意

滞納歴や自己破産歴などが無いにしても、ここ数ヶ月の間に複数からキャッシングした人も審査に落ちてしまうことがあります。

キャッシングしたばかりなのにまたキャッシングするということは、それだけ切羽詰っていると判断され、返済不可に陥る可能性が出てくるからです。

なので、1度キャッシングしたら、まずはそこをしっかりと完済することを考えるようにしましょう。

お金を借りると、次から次へとどんどん借りたくなってしまいますので、1社だけにとどめておく方が健全だと言えます。